前へ
次へ

求人内容の意図を正しく読み取ろう

定職やアルバイトなど職に就きたい人は、求人サイトやハローワーク、企業説明会などさまざまな場所や媒体を使って活動を行います。
そんなとき、福利厚生や給与などの待遇面をそのまま受け止めないように注意しましょう。
企業側の立場で考えると、人手が足りなくて求人を出しているケースがほとんどです。
つまり、だれかしらに来てほしいのです。
待遇面(特に給与)は、本来の支給額より多く表示している可能性はあり得ます。
下限から上限まで幅を持たせてこれくらいまで上がります、と書いているが実際は上限まであがることはほぼありえません。
受けようとしている職種が未経験ならなおさら難しいでしょう。
自分がスキルアップのための転職なら能力を見込んでの金額はある程度期待はできますが、未経験なら下限からのスタート、そして昇給の難しさは覚悟しておいたほうがいいでしょう。
また、いつ見ても載っている求人案件には注意が必要です。
離職率が非常に高く、人材が入っては辞めを繰り返していることが考えられます。
求人情報からしっかりと情報は読み取ることが大切です。

Page Top